人それぞれのナチュラルな自分



3歳の男の子のママ、シンガーソングサーファー

キリハレバレです。

息子が1歳の時、息子と9ヶ月で9カ国を旅し1国1曲の歌を作りました。

2019年に「One Trip One Song」をリリースし、モーションブルーヨコハマでリリースライブをした後、日本全国ツアーに出たら2020コロナで今はSNSで配信などしています。



突然ですが、

自分がナチュラルでいられる時ってどんな時ですか?


好きな人や仲のいい友達とリラックスしてる時?

好きなことに没頭してる時?子供といる時?

家族といる時?ご飯を食べてる時?サーフィンしてる時?唄ってる時?


私はこのすべての“時”が、どれも自分が笑顔の時も泣いてる時も怒ってる時も、すべてが自分そのもの、ナチュラルな自分だと思っています。


9カ国の旅には、それぞれの国でいろんなアクシデントがありました。

悲しいことも嬉しいことも感動することも!

今しかできない、今しかない時間その全てを楽しみました!

ほとんどの場所でサーフィンして歌ってきました。

飛び込みでセッションに参加したり、ファーマーズマーケットで歌ったり!


子供が一緒の、歌とサーフィンの海外の旅は、できないことは無理はしなかった。

タイトな時間での移動など、やりたくても状況的にどうしても難しいこともあるし、

サーフィンは、大きな波に挑戦!など特に命に関わることはしませんでした。


そんな中でも、挑戦できることはたくさんあったし、

そこで初めて知る自分、子供の成長で自分も成長したり、知らない感情が

出て来たり、友達や家族に対しても様々な想いが巡った旅になりました。



サーフィンも同じくで、

二度と同じ波は来ないので、その都度、挑戦だし、地球との調和だと思います。

私の場合、大きい波に乗りたい!とか

チューブに入りたい!というのはなく、楽しく波に乗って、仲間たちとともに地球に遊んでもらってる感じ。

だからどんなに波が良くても混んでるとかギスギスした場所は避けてます。

これって人生においても、波乗りにおいても共通な所がたくさん!


そんなことを想って書いた書き下ろした曲も、今回の旅のアルバム「One Trip One Song」に入っています(是非聴いてください!)


サーフィンと仕事と子育ての中で 時々立ち止まって想うことは

「本当に必要なものはなにか?」

「生きていく中で、ナチュラルな自分でいられる日々ってどんなものか?」


どんな自分もそのまま素直に生きること。

そんな自分を受け入れることが一番なのかなと。

「ほんの小さな気づきの数々が 人生を豊にしていくのでは?」と。

この2020年 地球と人類が変化の時期になって今、より一層考えるようになりました。


時々立ち止まってみることも 40代になってやっと少しできるようになってきました(笑)


私の仕事。

「歌」や「音楽」は人の心に触れる、豊にする、動かす

と誇りを持ち、

家族や仲間や友達、応援してくれる人たち

身近にいる大切な人や、ライブを聴いてくれる人たちに

歌を聴いてもらうことで何か心に触れられたら

きっと愛の波紋が広がってゆくと信じて

歌を唄っていきます。


そして心と身体がリフレッシュする

さらに曲のインスピレーションのもとになる

サーフィンを、おばあちゃんになっても続けていきたいと

思います!!



Happiness is only in your heart!


Have a good surfing life!!!


Love KIRI



Instagram:キリハレバレ


WEB:https://www.kirihalebale.com/


YouTube:『ありがとう』

YouTube:『てのひら』