夢を持つということ


はじめまして。

神戸で、主人と乗馬クラブを経営しております、稗田奈緒子と申します。


「近所に乗馬クラブができたけど行ってみる?」

小学校4年生の時、動物が好きだった私に、父が尋ねてくれました。

「なんて大きくて綺麗な瞳なんだろう」

初めて近くで馬を見てそう思ったのを覚えています。

それから、週に1回の習い事として乗馬を始めさせてもらいました。


高校卒業後、仕事にしたいと思い、研修生2年を経て大阪の乗馬クラブに就職し、その後独立して今の乗馬クラブを立ち上げました。


始めた頃は、ただただ楽しいだけの習い事でしたが、仕事となるとそうはいきません。

馬のトレーニング、馬の管理、会員様のレッスン、競技会への参加、引率...

もちろん休みなんてありませんでしたが、それを苦労と思った事はありません。


私は馬場馬術という競技をしています。

馬場馬術とは技の正確さと優雅さを魅せるスポーツで、例えるならフィギュアスケートのような種目です。決勝では音楽に合わせて馬とダンスするようなイメージです。

動物と唯一行えるオリンピック競技でもあり、男女、年齢関係なく競技します。

3月〜11月までが競技シーズンで、毎月1、2回は遠征に行きます。


乗馬クラブを始めて14年になりますが、5年程前、目の前がチカチカとし始めました。

眼科や脳神経外科に行ってもなかなか原因が分からず、紹介状を書いてもらい、大きな病院で検査をすることになりました。


網膜色素変性症か、自己免疫疾患と言われ、失明するかも...との診断でした。

検査すると、確かに見えない部分がある。

これは、ヤバい。


仕事が落ち着いたらやってみよう、   

余裕ができたら行ってみよう。

と、思ってた事を急いでやってみる

ことにしました(笑)

綺麗な海を見てみたい!!

西表島、石垣島、竹富島、

沖縄本島、奄美大島、宮古島...


チューブの中の世界を見て見たい!!

これがサーフィンを始めたきっかけです。               

始めてすぐ、ショートボードを購入。

冬だったのでウエットもブーツもグローブも揃えました!


子供の頃、初めて馬に乗った時のようなワクワク感。

出来なさすぎることが楽しい!

試合の遠征で行けない時もありますが、

チューブに入りたい!!と無謀な目標のために週に1回は海に通います。

波のない日はロングで練習です(笑)


サーフィンを通じて出来た友達と他愛もない話をしたり、波待ちしてる時間...

時間が取れてサーフトリップに出かけるうちに、お気に入りの海も見つかりました。

海で過ごす時間は、私にとって無くてはならないものになりました。目が悪くなっていなければ、知る事のなかった世界です。


その後、目の方も悪くなっていません。

海のパワーって凄い!!

海に感謝です。





今まで、馬を任せて休む。ということが心配でできませんでしたが、今は任せられる事は任せようと考えを変えました。

信頼できるスタッフも居てくれます。


小学校の卒業文集に、乗馬のインストラクターになるのが夢。

研修生の時の卒業作文には、見ている人を感動させれる演技がしたい。

と書きました。

乗馬指導者資格も取り、小学生の頃の夢は叶いました。

国体では、兵庫県の馬術チームの監督兼選手として頑張っています。

昨年の全日本馬場馬術選手権、日本一を決める競技会では、結果4位と残念でしたが、たくさんの方に感動した!!と声をかけていただきました。

「好きこそ物の上手なれ」

私の座右の銘。

目標を持って続けていると、夢は叶うと思います。


時間ができたら行ってみよう。

余裕ができたらやってみよう。

私もずっとそう思っていましたが、少し時間を作ってやってみる。

新しい世界に出会うことができ、今までより鮮やかな景色が見えるかもしれません!



<馬術写真提供> 写真家・フォトグラファー:Ryosuke KAJI  Instagram

<稗田奈緒子> Instagram


<リトルホースクラブ>


511回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示